東麻布歯科 OPEN9:00-18:30 (CLOSED 日・月・祝日)  TEL03-6441-0355

虫歯治療・根管治療

けずられる事で失う歯の寿命

歯は、人体のなかで唯一自己再生能力の無い器官です。

感染病変の虫歯治療は、どんなに現代の最新治療を駆使しても病気をけずりとる除去療法に頼らざるおえません。

歯の質量を繰り返し失うことで縮まる歯の寿命、私たちの考える究極の虫歯治療は、歯をけずらない定期的な予防処置やご自身でのブラッシングです。





虫歯治療

細菌感染による進行性の虫歯には、早期発見・歯に優しい低侵襲治療が選択されます。DENTAL STUDIO STODでは、国際歯科連盟(FDI)が2002年にMinimal Intervention(最小の侵襲治療)の概念をもとに世界基準の虫歯治療をおこないます。

初期虫歯や劣化修復物(劣化したかぶせもの)の早期発見的確な虫歯除去と修復物(かぶせもの)の選択かぶせもの周囲の清掃性とメインテナンスのアドバイス私たちのこだわる虫歯治療は、将来起こりえる2次虫歯(再治療)のリスクを最低限にとどめます。

 

根管治療

虫歯が大きくなり歯の内部の神経がダメージをうけると根管治療が必要になります。

歯の大部分の質量を失い、決して成功率が100パーセントでない目に見えない細菌相手の治療法。

ドクターサイドも回避したい、歯の寿命を大きく左右する領域です。

根管治療を必要とされる治療歯には、ラバーダム防湿を用い、拡大鏡・ニッケルチタンファイルを駆使することで精密治療に努めます。

限りなく無菌化で行われる根管治療は、成功率を高め、将来の再治療のリスクを大幅に軽減します。





米国歯内療法学会専門医

石井 宏先生

石井歯科医院

tokyo-endodontist.com

予約する

© 2015 DENTAL STUDIO STOD