ガミースマイルは歯医者さんで治療できるのか?

審美

口もとの悩みの中でもよく耳にする「ガミースマイル」。笑ったり大きく口を開いたりした時に歯ぐきが出てしまう事をコンプレックスにされる患者さんは多くいらっしゃいます。実はそのコンプレックスは歯医者さんでの治療で大きく改善できるかもしれません。。今回はガミースマイルをテーマに、原因や治療方法について詳しく解説します。

ガミースマイルとは・・原因やお口の状態

ガミースマイルとは、笑った時や話している時の唇の動きから歯ぐきの大部分が見えてしまう状態のことを言います。一般的に歯ぐきが3mm以上見えているとガミースマイルと考えられます。

歯ぐきが歯を大きく包み込んでしまっている状態や、リップのダイナミックな動きによるもの等、原因のほとんどが歯ぐきと唇に起因します。もともとの骨格的な要因、歯の生え方や歯並びの影響を受けるものもありますが、これは少数です。

↑この写真のように歯に歯ぐきが大きく被さり、歯が短く見えてしまうものです。

治療方法・歯医者さんでのアプローチ

治療方法はガミースマイルとなっている原因によって異なり、原因ごとに大きく3つに分けられます。①と②は審美を治療を行なっている歯医者さんで治療可能ですが、3は口腔外科での手術が必要となります。

①歯ぐきに問題がある場合

歯ぐきが大きく歯に覆いかぶさっている事により歯が短く見えてしまう

【治療方法】歯ぐきのカット(歯肉切除術、歯冠長延長術)

②唇の薄さや動きに問題がある場合

唇が薄いまたは唇の大きな動きで歯だけではない広い範囲の歯ぐきが見えてしまう

【治療方法】ボツリヌスト菌注射、唇裏の縫い合わせ(ボトックス、上唇粘膜切除術)

③骨格に問題がある場合

上顎骨が過成長して手前または下に出ることによって歯ぐきが露出してしまう

【治療方法】過成長している上顎骨の外科的切除(顎骨手術)

一般的に①の原因でガミースマイルとなっていることが多いと考えられており、当院に相談にいらっしゃる患者さんでも約8割が①のパターンに当てはまります。①の場合は歯ぐきのカットを行う治療法ですが、手軽な治療で印象が大きく変化します。今回はこちらの治療にフォーカスを当ててみましょう!

歯肉切除とは・・施術の流れや所要時間

歯ぐきをカットする治療法で、ガミー スマイルの治療で一般的なものが「歯肉切除術」です。

前述したように、歯ぐきが歯に大きく覆いかぶさっている場合(①で示したケース)に適応されます。

人によってお口の状態は異なるため、カットする本数や長さはカウンセリングによって丁寧に確認していきます。

施術の流れは、カットする歯ぐきの周りに麻酔を打ち、歯ぐきが短く見えるようにカットします。カットの本数にもよりますが、所要時間は30分程度。治療後は麻酔が切れたら通常通り生活していただくことも可能です。痛みが出ることもあるため痛み止めを飲んでいただきますが、腫れることはほとんどありません。

30分という短い時間で大きな印象の変化が期待できます!

治療してみると・・こんなに印象が変わる!

実際の症例画像でbefore/afterを見てみましょう。

変化がわかりますでしょうか。上の画像が治療前、下が治療後です。歯ぐきを切除したことにより歯が大きくなり、口角を上げても歯ぐきが目立たなくなっています。笑ったり口を開いたりした時の印象も大きく変化するのです。

まとめ

今回はガミースマイルの治療について紹介しました。ガミースマイルの治療で自然な笑顔に自信を持つことができます!歯医者さんでの手軽な治療であなたの抱えるコンプレックスは大きく改善できるかもしれません。お悩みを抱えている方はお気軽に当院までご相談ください!

☎︎:03-6441-0355

コメント

タイトルとURLをコピーしました