『上の前歯をきれいにしたい』 セカンドオピニオン

麻布十番界隈の歯医者さんで審美歯科治療を受けられている方が、セカンドオピニオンを聞きたいということで来院されました。上の前歯、犬歯から犬歯までの6本を治療対象と考えられているらしいです。

 

見せていただいた治療プランによると

使用材料:ジルコニアクラウン、ラミネートベニア

治療期間:1ヶ月以内(来院回数2〜3回)

費用:100万円弱

と記載がありました。因みに、この患者様は20代前半の方です。

 

現在受けられているのは『セラミック矯正』という施術では、短期集中治療で2〜3回での来院で治療が終了するということでしたが、虫歯の無い歯まで根の治療(根管治療)をせざる負えないという言葉に疑問を感じたらしく、本日来院されました。

 

審美歯科治療は、一般的な虫歯治療や歯周病治療と違い、病気の治癒を目指すのではなく、皆様の見た目のコンプレックスを改善する美容施術です。英語では、Esthetic Dentistry, Cosmetic Dentistryとも言われています。もちろん患者様のコンプレックスを改善目的とする要望をお聞きし尊重するところからプランニングをたてますが、将来歯の寿命を脅かすようなオーバートリートメントはおすすめできません。患者さんの要望があっての審美治療、大きな審美改善の希望を持たれている患者様に夢を壊すような提案はできないですが、遠回りをして時間が倍かかろうとも、矯正治療で歯を動かした後、必要最低限のわずかなセラミック修復を提案しました。治療費用は、ほぼ同額。治療期間は、2倍どころか6倍です。

 

今回どう感じて頂けたかは、わかりません。しかし、自分の息子・娘に同治療をさせてもらえるのであれば、この提案が将来を考えた上で正しいものになると思います。

 

審美修復治療は、私の大好きな治療分野でもありますが、倫理的な問題から非常に頭を使う側面も兼ね備えます。しっかり患者様の気持ちをひきだしながらお話を聞きいれること。そして、包み隠さずアドバンテージとリスクをこちらからお話しさせてもらうことが治療の成功につながると信じています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください