デンタルスタジオ ストッド

こんにちは、DENTAL STUDIO STOD 東麻布歯科の寺澤です。今日は、先週日本在住3年目をむかえるイタリア人の患者様から質問がありました、『DENTAL STUDIO STOD(ストッド)』の名前の由来についてです。

 

 

DENTAL STUDIO STODの『STOD(ストッド)』は, Shohei Terasawa Orthodontics and esthetic Dentistry のアクロニウムです。

 

 

アクロニウム(acronym)とは、複数の英単語の頭文字をとって一単語のように発音する略語を呼びます。例えば NASA(ナサ)は、National Aeronautics and Space Administration (米国航空宇宙局)のそれぞれの単語の頭文字からできた略語です。

 

 

デンタルスタジオ ストッド(STOD)にアクロニウムを取り入れたのも、外国人の皆様に英語診療を行っていくなかで、皆様により私たちを認識してもらいやすいものとしたかったからです。そしてまた、私が2008年から2011年まで学ばせてもらったUCLA(University of California, Los Angeles)の4文字が並ぶアルファベットに影響を受けていた事も事実です。

 

 

 

それでは、『STOD(ストッド)』それぞれの単語の意味とその文字を並べた想いが下記になります。

 

 

 

『STOD(ストッド)』は、DENTAL STUDIO STOD 東麻布歯科の開設者である寺澤章平(Shohei Terasawa)が、歯並びのケアを考えた矯正治療(Orthodontics)と審美治療(esthetic Dentistry)を軸に、『皆様に自信がもてる笑顔を提供していく』という開設時の強い思いから命名しています。

 

 

プライベートでもビジネスでも笑顔の印象は、人々とコンタクトする際に鍵となる時代です。病気への悩みや見た目のコンプレックスの解決策がみいだせ、皆様に笑顔の回復のお手伝いができる場所として磨きをかけていきたいと思います。

 

 

 

tokyodentalcare_stod

 

 

DENTAL STUDIO STOD 寺澤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください